在宅ワークで稼ぐ!Webライター講座

在宅ワークの中でも注目のオンライン副業が、ウェブライターです。 副業から本業へ、そして時間と場所に縛られない働きかたを目指すことも夢ではありません。 本メルマガは、ウェブライターとして生計を建てたいと思っているすべての人に役立つ内容をお届けします。 2014年以来、Webライターとしての経験から学んだノウハウやアイデアをランダムに紹介します!

ライターとして効率よく稼ぐ!仕事は報酬単価だけで選んではダメな理由

ライターとして仕事を請け負うときに、依頼者とその案件の選び方は、自分の収入に直結する大切なポイントです。

間違って選んでしまうと、予想以上に作業時間がかかってしまって、効率の悪い仕事になってしまったり、最悪の場合報酬を受取れなくなることもあります。

 

クラウドソーシングで、ライターの仕事を請け負うときに気を付けたい、案件の選び方についてまとめました。

 

f:id:hanagardener:20210921045024j:plain



慣れてきたら作業効率を考えよう

ライターとして仕事を請け負うとき、経験があまりないときには、仕事の内容を把握しにくいものです。

ですから、多少報酬と作業時間が見合わない仕事を引き受けてしまうこともあります。

 

初心者のころなら、それでもスキルアップの1ステップとして、仕事をこなすのもよいでしょう。

しかし、ある程度、ライターの仕事がつかめて来たら、作業効率を考えて仕事を選びたいものです。

 

報酬単価だけで選んではいけない

自分が一日に作業できる時間は決まっています。

クラウドライターの仕事は、出来高制ですので、仕事をしなければ収入になりません。

 

つまり、仕事の量によって報酬が決まってくるわけですが、案件によって、効率の良いものとそうでないものがあります。

決まった時間でより多くの報酬を得るためには、自分にとって作業効率の良い仕事をどれだけ取ることができるかにかかっています。

 

効率が良い仕事というのは、必ずしも報酬単価が高い仕事とは限りません。

報酬単価が高い仕事は、経験豊富なライターを募集しているのはもちろんですが、そのほかに文章作成以外の仕事が含まれていることが往々にしてあるからです。

 

例えば、画像選定や、記事投稿ソフトによる投稿作業などがそれに当たります。

 

シンプルに記事作成だけの仕事ならば、自分のタイピングスピードや、情報収集のスピードが分かっていれば、何文字のテキスト(文章)作成にかかる時間はだいたい予測できます。

 

しかし、画像選定や投稿作業が含まれる仕事の場合、画像を探す手間や時間、投稿の際のアップロードスピードに、作業効率が影響されることになります。

つまり、報酬単価だけでなく仕事の中身を見て、応募する案件を選ぶようにしなくてはいけません。

 

気に入ったクライアントと長く付き合う

気持ちよく仕事ができるクライアントがいたら、その依頼者とは長く付き合いたいものです。

というのも、クラウドソーシングのサイトで、一から仕事を探すのにも時間がかかるからです。

 

仕事を検索して、応募要項を読み、応募のメッセージを送る、中にはテストライティングやサンプル記事の作成が必要なケースもあるでしょう。

 

そして、依頼者からのメッセージのやりとり・・・・、これらの作業は、仕事上必要なことですが、これに費やす時間は報酬として何も稼いでいない時間です。

 

つまり、決まったクライアントの仕事を繰り返し引き受けるということは、これらのステップを省くことになり、その分、作業効率が良くなると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

★副業に関するメルマガ配信中!

ブログには書きにくい、副業に関するメルマガを配信しています。

内容は、副業やオンラインビジネスに関すること、ノマドワークなどについて。

 

メルマガ詳細

>海外ノマドライターの副業メモ|まぐまぐ

副業初心者やライター初心者向けの内容となっています。

 

これではちょっと物足らないな~という方には、以下のメルマガがおすすめです。

>文章で食べていく:知識ゼロからの不労所得作り

メールアドレスを入力して「Subscribe」ボタンをクリックするだけで登録完了です。

 

いずれも、メールアドレスのみの登録でOKです。

副業やノマドワークに興味がある方は、ぜひご利用ください♪